悪魔がうたう愛の歌

だるだるブログ  mail HOME
エアパークイラストギャラリーフォトギャラリーマックルームカーライフリンク集
悪魔がうたう愛の歌 > Blog > デジタルカメラ > RAW現像ソフトのアレコレ。

2006年04月19日(水)

RAW現像ソフトのアレコレ。


写真がデジタル化した事により生まれた楽しみのひとつが、“RAW現像”なんじゃないかと思う。

RAWとは、一部の上位機種デジカメで使用出来るファイル形式の一つで、文字通り撮ったままの「生データ」である。

普通、撮影したDATAはJPG形式でメディアに保存されますが、これはデジカメの中のソフトウェアがRAWから→JPGへ自動的に変換しています。

まぁこの工程を「撮影者自身で行いましょう!」っていうのが、RAW現像ですな。

撮影した画像を一枚一枚調整して現像する事になりますんで、作業に掛かる時間がネックといえばネックですが、旅の行程を思い出しながら(・∀・)ニヤニヤ作業を進めて行くのが男の浪漫ってモンです!(笑)

そこで、自分に合ったRAW現像ソフトを見つける事が勝利への近道だったりするわけで、私が使った事のあるソフトを幾つかご紹介します。

[Digital Photo Professional]

http://cweb.canon.jp/camera/workflow/index.html

キヤノンユーザーお馴染みの高速RAW変換ソフトです。

つい先日にVer2.1が公開されまして、ノイズリダクション機能や画質の向上などにより完成度がUPされましたが、いかんせん動作が重い!いちいち再プレビューするは何やらで、個人的にはオススメできませんな。。

[EOS Viewer Utility]

こちらは20Dに付いていたソフトでして、カメラの中のソフトをエミュレートした画像を吐き出すと言う特色を持っています。

色味・画質がとてもナチュラルで、動作も軽快ですし私もかなり愛用していました。弱点と言う訳でもありませんが、微妙な調整を行う事が出来ないと言う制約と、RAW現像処理にやや時間が掛かります。

[Photoshop CS]

http://www.adobe.co.jp/products/photoshop/main.html

お馴染みのプロツールPhotoshopにもRAW現像機能が付いています。完全に個人的好みですが、吐き出される画質が好きになれません。。境界の処理が下手と言うかなんだかな?ブログ用の画像を取り合えず現像するなどのお手軽使用には便利な気がしますが、作品用には使いませんな…個人的好みの問題。

[SILKYPIX 2]

http://www.isl.co.jp/SILKYPIX/japanese/

真打ち登場と言いますか、「やっと君に出会えたよ!」ってくらい感激したソフトです。

従業員30名ほどのソフトウェア会社さんの製品なんですが、素晴らしい完成度ですよ。

職業デザイナーの私から見た画像の品質もバッチリですし、動作のレスポンス、UIの使い易さ等も上記ソフトを遥かに凌いでいます。

現在、ダウンロード販売しか行っておらず、価格も16,000円と決してお求め易いとは言えませんが、「無料版・お試し版」もありますので、デジタル一眼ユーザーには是非とも試してみて欲しい製品です。

06-04-18
▲微妙な角度修正を行えるのが一番有り難い機能です。

また小岩井に行って、岩手山を撮り直してこようかと思うくらいの衝撃のソフトでした。。

Filed under: デジタルカメラ| masanao @ 00:53

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ

※画面解像度832×624・32,000色(sRGB)以上表示出来るモニター、IE 7.x、Safari 3.x 以降を推奨しています。

Copyright (C) 1996.10.22~2017 MASANAO All Rights Reserved.