悪魔がうたう愛の歌

だるだるブログ  mail HOME
エアパークイラストギャラリーフォトギャラリーマックルームカーライフリンク集
悪魔がうたう愛の歌 > Blog > Mac関連 > 盛り盛りの「Mac mini 2018」を買っちまった。。

2019年06月23日(日)

盛り盛りの「Mac mini 2018」を買っちまった。。


Mac miniとMac Proメインマシンであった「Mac Pro Early 2009」も今年で10年の節目を迎え、新型Mac Proの登場を首を長くして待っていました。
ところが、つい先日、ついに新型「Mac Pro」が発表された訳ですが、そのお値段がなんと予想価格60万円以上という代物!!?
まぁ、iMac Proが50万越えで販売されているの予想できない数字ではないのですがね、、
待ちに待ったNew「Mac Pro」でしたが、数字的に検討の余地はありませんでした。

 

Mac miniのこのMacについてで、選択の余地がなくなり「Mac mini」一択になったことでさっそくスペックを検討します。
せっかくなら10年使えるスペックって感じで盛りに盛ったお値段はおよそ「30万円!」
おいおい、「Mac Pro Early 2009」購入時の金額よりも高額なんだが…

 

「Mac mini CTOスペック」
●3.2GHz 6コアIntel Core i7プロセッサ
●SSD 1TB
●メモリ32GB

 

DPPレンダリング中通常の使用であればここまでのスペックは不要ですが、休日に行うRAW現像の作業時間を可能な限り圧縮したかった。
現像にはCanonのDPPを使っているのですが、12スレッドをフルに活かせシングルスレッド処理も格段に向上しているため作業時間が半分ほどになるかと期待しています。
とはいえ、通常作業時はそれ程のスピードアップは感じられず10年前の「Mac Pro Early 2009」の完成度に逆に驚かされました。
その他、小さな筐体でこのスペックを叩き出してくれるのが「Mac mini」の一番の魅力ですね。
コスパ的には最悪な部類に入るため、次はWindows機を買う方が賢いなぁ〜と思ったりしています。。
また、一点ハマったのが、セットアップ時に有線キーボードで作業をしようとしたのですが認識されずアレコレ試してみると、延長ケーブルを外して直刺ししたら見事に認識されました。USB 2.0/3.0の互換性の問題ですかね?

 

Filed under: Mac関連|タグ: , , — masanao @ 18:08

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

※画面解像度832×624・32,000色(sRGB)以上表示出来るモニター、IE 7.x、Safari 3.x 以降を推奨しています。

Copyright (C) 1996.10.22~2019 MASANAO All Rights Reserved.

KITAKAN SNAP|北関東の魅力再発見! 栃木・群馬・茨城の観光情報