悪魔がうたう愛の歌

だるだるブログ  mail HOME
エアパークイラストギャラリーフォトギャラリーマックルームカーライフリンク集
悪魔がうたう愛の歌 > Blog > つぶやき > 赤色

2006年10月11日(水)

赤色


彼岸花を真っ赤に撮るには工夫が要る。

カメラのオート機能任せに撮れば

気の抜けたコーラの様な色になる。

光の反射を除くために

偏光フィルターをレンズに填め込む。

露出をややマイナス目にして

葉の緑に溶け込まない程度のさじ加減。

人工かつ意図的に創り出される赤色。

写真用語の中に「記憶色」と言う言葉がある。

旅行先で見た、海、空、山、町並みが

「今でも瞼に焼き付いている」などと人は言う。

しかしながら瞼に写るは膨張されし記憶の妄想。

透き通るような青

燃えるような赤

これ程胡散臭い表現もないだろう。

写真だろうが、映像だろうが、肉眼だろうが

我々は目に映る妄想の連続を自己完結的に解釈し

ただ安心しているだけなのかもしらん。

Filed under: つぶやき| masanao @ 10:57

2件のコメント »

  1. 幻想だとしてもそれに酔っていたいのは私の意志

    偽りの赤だとしてもそれに染まってしまえば分らないもの

    染まっていく私は案外馬鹿なほど健気で、

    自分で言うのもなんですが可愛い乙女している



    征服されたい

    その願いを叶えつつあるように感じさせるのです、

    私を捉えている赤は

    実際にはただの薄汚れた雑草にすぎないのかもしれないけれど



    漂白されるのはもう無理だろうから

    あとは黒く染まるくらいしかできない?



    芸術方面のことならあにいのがご存知かしら?



    血液の赤はきれいよ

    だからすきなの

    それだけはきっと裏切らないわ





    コメント by まりまり — 2006/10/11 @ 22:49

  2. そうだな

    血の赤から熱い何かが抜け落ちて

    綺麗な紫になるかもしれない。



    死を象徴する色、紫



    初めと最後はやはり漆黒だろう

    —–

    コメント by まさなを☆管理人 — 2006/10/11 @ 23:57

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ

※画面解像度832×624・32,000色(sRGB)以上表示出来るモニター、IE 7.x、Safari 3.x 以降を推奨しています。

Copyright (C) 1996.10.22~2017 MASANAO All Rights Reserved.